困った時に頼りになる

>

料金が追加される場合のこと

着手金とは何か

ただアドバイスをもらうだけなら、顧問料だけで大丈夫です。
余計な出費は発生しません。
ですが大きなトラブルが起こって、裁判をする時などは顧問料だけでは請け負ってくれない弁護士が見られます。
着手金という追加料金が発生することを覚えておきましょう。
裁判の内容にもよりますが、1万円から2万円になる弁護士が多いです。

早めに相談することで、着手金の金額を下げることができます。
裁判内容が大きくなると弁護士の負担が大きくなります。
すると着手金が高額になるので、トラブルが起こったら早く相談してください。
また、勝手な行動はしないように気をつけましょう。
勝手に動くと、弁護士の迷惑になります。
それでは裁判を有利に進められません。

実費のことを頭に入れておこう

実費とは、何かを調べるためにかかった交通費や、印刷した時に発生したコピー代などのことを言います。
トラブルの大きさによって、実費は変化します。
ですから一概にこのぐらいの料金になるとは言えません。
しかしほとんどの場合は、トラブルの解決にかかった時間が長くなれば、それだけ実費が高くなります。
実費を安く済ませるためには、短時間で解決できるよう工夫してください。

またトラブルが小さかった際は、顧問料だけで済ませることができるかもしれません。
実際に弁護士に相談してみないと、実費が発生するか分かりません。
自分で判断するのは難しいので、気軽に尋ねてください。
その時点で聞けば、実費が5000円程度で済む可能性があります。