困った時に頼りになる

>

顧問弁護士とはどのような人物か

大体の相場を知る

顧問料の相場は、5万円前後だと言われています。
このぐらいなら実力も高く、信頼できる弁護士だと言ってもいいでしょう。
5万円ぐらいの内容のことを相談したい時は、追加料金が発生する心配はありません。
ですがトラブルが大きくて、金額が5万円以上になってしまう場合は、追加料金が取られることがあるので気をつけましょう。

しかしほとんどの場合は、毎月の顧問料さえ支払っていれば相談に乗ってくれます。
トラブルを放っておくと、さらに大きくなって解決するのが難しくなります。
会社を上手く経営するコツは、トラブルが少しでも起こった時点で弁護士に相談することです。
アドバイスをもらってすぐ実行すれば、大きくならないで解決できます。

気軽に相談する

顧問料を支払っていれば、何でも弁護士に相談できます。
経営で困ったことがあれば、アドバイスを聞いてください。
行き詰まった時に相談すれば、解決策を提示してくれます。
顧問弁護士は5万円前後になっているところが多いですが、高いと10万円になっているところが見られます。
高い料金だからと言って、腕前が高いわけではありません。

また、安い料金だと3万円を設定している弁護士が見られます。
腕前の高い人が見られますが、3万円では相談に乗れる範囲が少なくなります。
少し大きなトラブルが起こった時は、追加料金を請求されるかもしれません。
顧問料に追加料金をプラスしたら、かなり高額になってしまったと言う事例が見られるので注意しましょう。